2015年6月

第13回作品紹介(1)「着ぐるみ恐怖症」

2015年6月25日 (木)

 

りぼんっ子の皆さん、お久しぶり~!!

 


増刊号で読者コーナーを始めた男!!キノコっスよ~!!lovely

 

7月16日発売の増刊号「バニラ」に、

 

鳥海先生(りさこっこ)とキノコの読者ページがあるから、みんな読んでね!!happy01

 

 


さていよいよ、第13回小学生まんが大賞に応募いただいたものの、

 

惜しくも上位入賞はならなかった作品を紹介していきますshine

 

 


1つ目の作品は、兵庫県・小笠原ひかるさん(6年)の「着ぐるみ恐怖症」。

 

 

20150625194024917_0001

 


この作品にはキノコ賞をあげたい!!ヽ(*≧ε≦*)φ

 

こんな感じのお話でした。

 

 

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

主人公の芽里は、子供のころ着ぐるみの中の人を見てしまった経験から、

 

見るだけで気分が悪くなるほど着ぐるみが嫌いな「着ぐるみ恐怖症」。

 

なのに、一日学校を休んで部活動の申請が遅れたせいで、

 

「着ぐるみ部」に入部させられてしまう。

 

着ぐるみ部はどんな部活なのか!?芽里は大丈夫なのか!?

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

主人公はとにかく着ぐるみが嫌い」という設定を、

 

部活に入部してからもちゃんと引っ張っているので、

 

強いキャラクターがありました!!

 



また、部活のメンバーにも個性があり、

 

特に、ことあるごとに主人公をしばきたがり

 

納豆スムージーを飲ませようとするたっちー」はキノコ超お気に入り。

 

 

 

Ezx134



さらにこの、シュールな絵!(笑)

 

思わず笑っちゃいましたよ~!

 

 

 



このように、具体的でブレない設定を作ることは、

 

キャラクターを好きになって貰うためには非常に重要なので、

 

皆も真似してみよう!!

 

 

 



全体の構成もこれ以外ない!というくらい整理されていて、

 

非常にレベルが高かったけど、更なるステップアップのために、

 

こんなことを意識してみよう!

 

 

 



①主人公に目標を持たせよう

 

主人公が、「着ぐるみ嫌い」「部活はイヤ」と、逃げの姿勢で、

 

実は特にやりたいことがないのが残念だった!

 

例えば、「ギターで有名人になりたかったのに、なぜかふえ部に」(『ピューと吹く!ジャガー』の設定だよ。/作者:うすた京介先生)

 

みたいに、「やりたいこと」があると、

 

「私はこうしたいのに、なんでこうなるの!?」と現実と理想のギャップができて笑えるし、

 

主人公が自分から動くようになる!

 

 

 



②主線を丁寧に描こう

 

筆ペンで大胆に描いた絵が、この作品の味になっていたけど、

 

少し雑な印象も。さらに丁寧に仕上げると、着ぐるみへの主人公の恐怖心が

 

より伝わってきたかも!!

 

ギャグだからこそ、見やすくキレイな線を心がけよう!!

 

 

 



類まれなるセンスを持ったひかるさんの作品を、

 

漫画スクールで読める日を楽しみに待っています!!

 



キノコ直筆アドバイスシートも読んでねshine

 

 

 



そしてみんなに誓うこと…

このブログ…これから1ヶ月、毎週更新します!!angry

 

 

 

次々と紹介される作品をお楽しみに!

 

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新号のりぼん

りぼん最新号
大好評発売中!