真っ黒な誓い | ホーム | 第15回作品紹介(2)「平成の政宗くん」

第15回作品紹介(1)「生徒会とアタシの恋」

2016年6月21日 (火)

眠れる獅子が目を覚ます…

CV:ジョン・カビラ)

 

みんな!りぼん7月号は、もう読んでくれたッスか!?

小学生まんが大賞の結果も載ってるっスよ~!!

 

結果が出たということは…

そう!!

更新の季節だ~!!

 

ぜんぜん更新できなかった借金を返すべく頑張ります!!

 

第1弾は、桜田ナオさんの「生徒会とアタシの恋」

という作品です。これは、なんとデジタル投稿作品!

 

Atashi1

 

【あらすじ】

 

黒野咲(17)は、新学期なのにまだ友達がいないのが悩み。

 

一方で白咲杏はなんでもカンペキ…

 

しかし、2人が立候補した生徒会選挙の結果、

 

会長に選ばれたのは咲!

 

白咲さんとの対立を深めながらも、

 

生徒会長書記の男子・田中蓮に恋をしていく咲だが、

 

杏がその前に立ちはだかる…

 

 

 

デジタルならではの大胆な感触がありながら、

瞳や髪のペンは繊細そのもの!!

 

すでにデジタル作画を使いこなしているナオさんの作品

編集部一同うなっていました!!

 

ナオさんのまんがでもったいなかったのは、

前にも同じような内容を書いてしまいましたが、

「要素が多かった」ことsign03

 

以前は「キャラクターが多いかも」という

内容を書きましたが、ナオさんの場合、

多くなってしまったのはまんがの「要素(ゴール)!」

 

要素というのは、まんがを語る上では、

「ジャンル」という言葉に近い意味で

使われることが多い言葉です。

 

ナオさんのまんがで言えば、

「生徒会長選挙」=「主人公は会長になれるか」

 

「書記の男の子との恋愛」=「好きな男子と付き合えるのか」

 

「杏とのライバル関係」=「主人公は杏に勝てるのか、仲直りするのか」

 

「友達のいない主人公」=「主人公に友達ができるか」

とった内容が、「要素」にあたります。

 

これが増えると、

描く人は描かなければいけないことが増えるし、

読む人は気にしなければいけないことが増えて、

結果的に、急な展開が増えたり、話がとびとびになって

分かりづらいまんがになってしまうことが多いです!!

 

Atashi2

トビラや、まんがのエンディングをみると、

ナオさんが一番描きたかったのは…

「友達がいない主人公がなぜか、会長になってしまい、

 困ったときは男子に支えられつつ、その男の子と恋におちる」

というストーリーではないでしょうか。

 

もし、そうだとすれば、

省略できたものは誰で、どんな要素でしょうか??

 

「いちばん描きたいものはなんだろう?」と考えて

それ以外の要素をなくしていく、それが

ネームやプロットでいちばん大切なことかもしれません!

 

研ぎ澄まされたネームで、まんが家デビューを目指そう!

漫画スクール+への投稿 楽しみにお待ちしてるっスよhappy02

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新号のりぼん

りぼん最新号
大好評発売中!